スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW5~高知うろうろ~ 第四章 「そろそろ記憶も曖昧」

2006年05月03日 23:58

やっと自分のお昼ご飯の話になったよ。
ってことで、僕と偽崎は買出しに。

一回りした後に主食少なめ副菜多数作戦を決意。
僕はうまそうだった「鯨の刃たたき」と「花くじら(尾らしい)」を、
偽崎は「アワビの胡桃和え」と「鯨カツ」を。
そして主食で二人とも「マグロの山掛け丼」をげっと(´∀`*)

どれもこれもやっぱおいしい( ・∀・)!!!
「アワビの~」には逸話があるので知りたい方は偽崎ブログへw
いやぁそれにしても「鯨カツ」うめー!

鯨といえば昔は給食に「鯨の竜田揚げ」が出ていてそれが好きだったのですが
何故か他のみんなは給食で出たことがないそうです(´・ω・`)
うちの学校だけだったんかなぁ・・・
好きな給食TOP10に入れるくらいうまいのになぁ・・・

お昼ごはんに満足し、次へ出発することに。
アマテラスの名を冠する鶏(勝手に創造)としばし戯れて
次なる目的地「龍河洞」へと向かいましたヽ(´ー`)ノ

「龍河洞」とは名前の通り洞窟で、一般の人も探検することができます。
詳しくはリンク先を見てもらったほうがわかるのですが、
一般コースと冒険コースがあります( ・∀・)

一般コースは約1kmのコースを30分かけてまわるのですが
冒険コースは専用の服や長靴、ヘッドライト・ヘルメットなどが
必要でナビゲーターもつくという恐ろしいコース(;・∀・)

そんなに準備してきたわけもなく今回は一般コースに。
中は足場も整備されており、見事な鍾乳洞(´∀`*)
自然の力に酔いしれました~。
フラッシュたきながら写真とりまくる無神経な奴もいましたが
何とかスルーして楽しみました。

みんなにはなかなか言えなかったけど、みんなが通れる隙間も
僕にとっては多少勇気のいるものなんだ・・・
いつ詰まるやら・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

まぁそこはなんとかふ~ち家に伝わる秘奥義!?で
「こはぁぁぁぁぁぁっ!!!」っと回転しつつ突破していきました(´∀`*)
見てる方は面白いらしいがやってるほうはドキドキですヽ(`Д´)ノ

何とか洞窟を抜けて達成感に浸って山を降りようとすると、
(洞窟に入ってる間に約80m上ってたらしい)
そこには刀鍛冶のお店とアイスクリンの屋台が( ・∀・)
迷わずアイスクリン購入!大盛りって書いてあるのには笑ったw

「龍河洞」近辺は刀鍛冶のお店が多くて、模造刀や包丁が売られてました。
刀と見るとすぐに欲しくなってしまうので何とか我慢(´・ω・`)
うぅ!やっぱり買えば良かったかなぁ・・・

ある程度山を降りると「龍河洞博物館」と「珍鳥センター」なるものが。
博物館は普通でしたが、珍鳥は見る価値ありですぜぃ( ・∀・)
オナガドリってのがいたんですがこれの尾ががまじで長い!
尾を長くするための飼育箱など色々すごかったです。
でもやっぱり一番は「土佐ジロー」です。なんともうまs・・・(*ノノ)

その後お土産をいくつか買って、
みしゃんは「運命の毛抜き」と出会います。
それは本人の口から語られることでしょう( ・∀・)

お土産屋のおばちゃんに大してうまくないおつまみを食わされたり、
合宿用おつまみ買ったりして「龍河洞」を出る頃には時は夕方。
これからどうしようかぁと本日何回目かの会議が始まります。
「タカオ」は今回ずっとお休みです( ´ー`)y―┛~~


スポンサーサイト


コメント

  1. ヘルパー | URL | -

    。・゚・(ノ∀`)・゚・。

    いいなぁ、いいなぁ、鍾乳洞楽しそう~ヽ(`Д´)ノ

    刀より、包丁いいなぁと思った(´・ω・)-3

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://huuti.blog61.fc2.com/tb.php/7-47b0db10
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。